後悔しない家族葬のために

家族葬の情報が満載!

家族葬とは、参列者を親しい近親者だけに限定し、少人数でゆっくりと故人とのお別れができる葬儀形式です。
この形式の葬儀においては案内を出す範囲に決まりはありませんので家族の考えで決めてよいでしょう。
故人と親しかった人にも見送ってもらいたいと考えるならば、家族に限らず故人と親しかった友人やご近所の方も呼ぶことができます。
また、故人との時間は家族だけで過ごしたいと考えるなら、親族やご近所、仕事関係者には、家族だけで見送りをしますとの旨を伝えれば案内を出さなかったことが失礼にあたることはありません。
家族葬は、一般的な葬儀と対応が異なる点もあります。
香典や挨拶など基本的なマナーや作法についてご紹介します。

家族葬時の挨拶

家族葬時の挨拶 一般的な葬儀では、喪主の挨拶のタイミングは複数回あります。
お通夜終了の際、通夜終了後の食事の際、告別式や出棺の時、精進落としなどです。
家族葬の場合は、喪主の挨拶が省略される場合もあります。
顔ぶれが故人と親しい人や近親者ですので、普段と変わらない雰囲気で見送ることができることが一番です。
挨拶の負担が少ないこともメリットの一つかもしれません。
もし、家族葬だとしても、お礼を述べる機会があるのならば、気負わずにシンプルな言葉で気持ちを込めて伝えることができれば良いでしょう。
未経験でも問題はありません。
故人との生前の親しい付き合いに対してのお礼と葬儀に足を運んでくれたことに対する感謝の気持ちを伝えることが大切です。

家族葬でも喪主は必要

家族葬でも喪主は必要 家族葬で故人を送ることになっても、喪主は必要です。
葬儀に関する全般を把握し、手配や対応をする役割を担います。
亡くなってから四十九日までやるべきことは、案外多いものですが、家族で分担するとかえって仕事が増えてしまうものなのです。
喪主は一般的に配偶者が務めることが多いものですが、病気や高齢のために努めることが困難な場合には、故人のこどもや兄弟が務めることもあり、親族間の血縁関係の深い順位の人とも言えます。
遺言によって指定されている場合は、遺言に従うことが優先的です。
家族葬でも、葬儀の依頼からお寺の手配、お布施や費用の準備などをしておかなければなりません。
一般葬と比べれば喪主であっても、故人とお別れする時間はゆっくりとれるものです。
葬儀社がどこまでやってくれるのか、家族の代表として何をしなければならないのかを確認し、悔いのない葬儀で見送りたいものです。
困ることは、ご近所の方や知人が葬儀に参列したいというご好意を、お断りするときです。
今後のお付き合いに支障をきたさず、嫌な思いをさせずにお断りするのは案外難しいものですが、前もって『家族葬であること』を知らせておけば、分かっていただけることが多くなっています。
それだけ家族だけで見送る家庭が増えているということなのでしょう。

家族葬関連お勧めサイト

中野区で家族葬を行う事ができます

中野区の家族葬